ソーラーパネル
ハトの巣

近年、太陽光発電(ソーラーパネル)の普及が進み、一般家庭から企業ビル、工場など様々な建物や施設の屋根にソーラーパネルが設置されています。

ソーラーパネル設置により節税・節約、災害時の備えと様々な目的で使用されるようになりましたが、設置費用は決してお安いものではありませんよね。

そんな中、増えているのがハト被害です。

太陽光発電(ソーラーパネル)システムに住み着く被害!

サンプル

ソーラーパネルに巣

近年、ハトは人間の生活圏内にも進出してきているため、遊歩道や公園、住宅地、工場など様々な場所で見かけることが増えました。その中でも人間の生活に大きく関わるのはドバトです。

ドバトの天敵は同じ鳥類であるカラス・ワシ・タカ・フクロウです。あと猫も天敵です。

夫婦になったハトは卵を産むため天敵(主にカラス)に狙われないよう安全な場所を探します。

そこで厄介なのが屋根とソーラーパネルの間に入り込み巣を作られてしまうことです。

ハトの羽・糞・巣の材料などがシステムの内部に入り込むと故障の原因になり、ハトが棲みつくことで糞被害がエスカレートし、ソーラーパネルが汚れ発電効力が下がってしまいます。

対策

ソーラーパネルと屋根の間にハトの巣を発見したら、早めの対応が必要です。

ハトは帰巣本能が強く、一度巣を作った場所に強い執着心を示します。巣を撤去しても再び棲みつき、巣を作りなおしてしまうことがあります。そのため二度とハトが侵入できないよう対策を行うことが大切です。

巣を撤去し、糞清掃(自分の糞の匂いで戻ってくる)を行い、ソーラーパネルと屋根の間(入口)をビニール被覆亀甲金網で塞ぎます。この方法は見た目も良く外観を損なうことがありません。網の穴も小さくハトより小さい鳥も侵入出来ません。

 

ソーラーパネルの故障に繋がるハト被害。

大切な家屋の被害や健康被害へも繋がってしまい、多くの損害が生じてしまいます。

ソーラーパネル設置に合わせ、ハトなどの害鳥被害対策を同時に行うことをお勧めします。

 

 

<施工事例>

 

千葉県のあるお宅の戸建ての屋根にハトが頻繁に来ていました。

 

以前にご自身で対策されたようなのですが、なかなか上手く効果が出ず、当社に依頼がきました。

 

屋根にあるソーラーパネルに巣を作ろうとしていたため、

 

ハトが侵入出来ないよう被覆亀甲金網で塞ぎ、ハトの飛来を防止しました。

ACCESS

害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除の事でしたら実績多数のQujolia クジョリアです

害虫駆除・害獣駆除業者をお探しでしたら、ぜひ当社へお問い合わせください。 豊富な実績を持つQujolia クジョリアが年中無休でお客様のお問い合わせに対応、現地にお伺いし、お見積もりも無料で行っていますので、害虫駆除・害獣駆除にご利用ください。
Qujolia クジョリア写真
店舗名 Qujolia クジョリア
代表者名 若林 義隆
住所 千葉県船橋市小室町3307-305
電話番号 047-402-4288
営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休
最寄駅 小室駅
お気軽にお電話ください
047-402-4288 047-402-4288
9:00~21:00
千葉県船橋市小室町3307-305

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。