害虫

サンプル

毛虫

チャドクガ(茶毒蛾)

毒針を持つ代表的な毒毛虫

体長:25cm程度

体色:頭と胴体は淡黄褐色 黒色に近い体でフサフサとした黒白の長い毛が目立つ

生態:チョウ目ドクガ科の昆虫。4~10月頃にかけて年に2回発生する。春と秋頃に各地で大量発生することが多い。

分布:本州や日本各地で分布

食性:ツバキ・サザンカ・主にツバキ科類を好むため、庭先や公園などの屋外では注意が必要。

活動時期:5~7月頃に孵化した幼虫が活動し出す。9~10月頃にも夏に産卵した卵から孵化した幼虫が集団になって発生する。近年では気候の影響で10月以降にも発生。

発生場所:主にツバキ科類の植物の葉の裏に密着して生息。庭木や公園などでも活動時期に大発生する。

成長過程:卵から蛹(サナギ)、脱皮を行い幼虫は一斉に成長する。集団で移動しながらひとつの樹木に集まり葉を食べ成長。やがて個体が分散するようになり移動範囲が広がる。葉から地上、コンクリートにまで移動し人害に影響を与える。

特徴:毒を持つ毛虫のなかで最も代表的なチャドクガ。卵から成虫(蛾)になるなっても体には数十万本もの毒針毛を持つ。毒針毛は0.1㎜の微細な毒針。毛虫(幼虫)は50万本もの毒針を持つ。蛹(サナギ)や脱皮した殻、死骸にも毒針毛を持ち、風で飛散することで、チャドクガに直接触れていなくても衣服などに付いた毒針毛に触れたり刺さってしまうことで皮膚炎などの症状を引き起こす。

 

★チャドクガ皮膚炎

チャドクガの毒針毛に触れたり、刺さってしまったことで激しい痒みや痛みなどの症状が現れます。症状は個人差がありますが、すぐに発症するのではなく、数時間経ってから気付く場合もある。症状は2~3週間痒みが続いたり、アレルギー体質やチャドクガに一度刺さるのが2回目以降などの場合、一回目よりも重症化することがある。痒い場合でも、毒針を取り除く必要があるため、かきむしるなどせず皮膚科へ受診しましょう。

 

ドクガ

体長:雄は1.4~1.7㎝ 雌は1.8~2.0㎝

体色:全体的に黒色。頭からお尻にかけて胴体はオレンジ色の縞模様。体の筋からは長い毛束が生えている。

生態:チョウ目ドクガ科の昆虫。幼虫の発育は早く、脱皮を繰り返し秋口、11月頃には落ち葉の下で集団で越冬する。そして翌春に再活動を行う。

分布:北海道・本州・四国・九州

食性:サクラ・ウメ・クヌギ・バラ・カキの木など、多くの木の葉を好んで食害し卵を産み付け産卵する。

活動時期:5~6月頃、年に一回発生。幼虫のまま越冬して春には活発に活動し出す。集団で葉を食害し成長する。6月以降になると分散して活動をする。

発生場所:サクラやウメなどの好む植物の葉の裏や枝にも密集して生息する。ドクガの好む限られた庭木や公園などの街路樹付近では要注意。

特徴:チャドクガ同様、わずか0.1㎜ほどの毒針毛を持ち、卵~蛹(サナギ)~幼虫の順に成長過程でも毒針毛を持つため、素手で触れると皮膚炎などを引き起こす。約600万本ほどの毒針毛は、チャドクガの幼虫の12倍にもなる。

 

★ドクガ皮膚炎

刺すのはチャドクガとドクガなどの一部の種類。最も多いのがこれらの2種類。チャドクガ同様、刺されたり触れてしまうことで赤い発疹やかゆみ、痛み、蕁麻疹などが生じる。個人差はあるが、チャドクガに刺された時以上の激しい痒みが起こる場合があるため、早めの治療受診が必要。

 

イラガ

体長:約20~25㎜

体色:全体黄緑色で背筋に真っすぐなラインが入った特徴的な姿。サボテンのように棘が多く目立つ。

生態:チョウ目イラガ科に属する昆虫。幼虫(毛虫)は脚が短くずんぐりした体には多くの棘を持つ。

分布:北海道から九州まで分布

食性:サクラ・ウメ・カキの木・リンゴ・ケヤキ・カエデ類・ヤナギ類など多くの植物。食性は幅広く雑食性。

活動時期:7~8月、10~11月頃にも再び発生。秋には繭(まゆ)を作り越冬。春には蛹(サナギ)になり、夏に成虫(蛾)となる。後に産卵を行い夏頃にも幼虫が発生する。

発生場所:果樹・樹木全般に発生。庭木や公園の街路樹でも発生することが多い。

特徴:幼虫(毛虫)の持つ棘に触れると、電気の走るような痛みを感じ、皮膚炎を起こす。痛みは比較的早く収まるが、触ってしまった時の痛みは強く、通称・デンキムシとも呼ばれる。

 

イラガ類

主にイラガ、ヒロヘリアオイラガ、アオイラガ、ナシイラガ、ヒメクロイラガ、ムラサキイラガなどがいる

 

マツカレハ

体長:終齢幼虫 約6.5㎝ほどにもなる大型の毛虫。成虫(蛾)になると毒針毛はなくなる。

体色:背面は銀灰色、腹面は金色に近く背面には藍黒色の長い毛を密生させており、腹部に毒針毛を持つ。

生態:チョウ目カレハ科

分布:日本全国

食性:もみの木・マツ類

発生時期:8月~10月。4月~6月の年に2回発生。最も春の時期に発生被害が多く、卵から孵化した幼虫(毛虫)は、はじめは集団で葉を食べて成長していき、大きくなるに連れて分散して樹木全体に広がり食害する。

他の毛虫に比べて脱皮が多く木の上で4回ほどの脱皮を繰り返し木を降りて落ち葉の下や樹皮の間などに潜り込み越冬する。冬が過ぎると再び木に登り成長を続ける。体に生えている黒く長い毛は0.5㎝~1.5㎝程度の毒針毛で、触れると皮膚に刺さると激痛が走る。繭(まゆ)にも毒があるため触れると危険。成長は早く、木全体に散らばってしまうと駆除が難しい。

 

ホタルガ

体長:25㎜程度

体色:透明感のある黄色に黒いラインが入り毒針毛はない

生態:チョウ目マダラガ科

分布:ほぼ日本全土

食性:サカキ・ヒサカキ(ツバキ科)マサキ・マユミ(ニシキギ科)

発生時期:4~6月・8~9月の年に2回発生

期間内に産卵する数は200~300匹程度とされる(気温の変動により異なる)

庭木や公園、神社や雑木林などで見られることが多く、葉の上にいることが多い。

特徴:毒針毛はないが、危険を察すると体表から毒のある粘液を出し、それが肌に触れると約10時間後に触れた場所が赤く腫れたり、痒みなどが生じる。症状は2日ほどで落ち着くことが多い。

成虫(蛾)はサカキやヒサカキ・マサキなどの葉に卵を産み付け、産まれた卵は早くて10日、遅くても一カ月程度には孵化する。次々と産まれる幼虫は食欲旺盛で葉を食べつくすこともある。繁殖期に入ったホタルガは、少し気性が荒くなる傾向があり、成虫の平均寿命は一週間前後とされている。

サンプル

クモ

ACCESS

害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除の事でしたら実績多数のQujolia クジョリアです

害虫駆除・害獣駆除業者をお探しでしたら、ぜひ当社へお問い合わせください。 豊富な実績を持つQujolia クジョリアが年中無休でお客様のお問い合わせに対応、現地にお伺いし、お見積もりも無料で行っていますので、害虫駆除・害獣駆除にご利用ください。
Qujolia クジョリア写真
店舗名 Qujolia クジョリア
代表者名 若林 義隆
住所 千葉県船橋市小室町3307-305
電話番号 047-402-4288
営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休
最寄駅 小室駅
お気軽にお電話ください
047-402-4288 047-402-4288
9:00~21:00
千葉県船橋市小室町3307-305

見出しテキスト見出しテキスト見出しテキスト

サンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキストサンプルテキスト

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。