ハト被害の対策・解決はQujoliaへ
フン・鳴き声・巣
防鳥ネット
バードスパイク

ハトの帰巣本能はすごい!

ハトの帰巣本能を利用した伝書鳩は皆さんご存じだと思います。

そんな便利な面を持っているハトですが、野生のハトは私たちの生活を脅かすことが多く、ハトの被害に悩まされている方が増加しています。

対策方法

飛来防止ネット

侵入防止!防鳥ネット設置

正しいネットの張り方

 

ハトがベランダや外階段に侵入して来たり、巣を作ってしまった場合の対策としては・・・ネットを使う方法が最も効果だと言われています。

 

確実に効果が見られるネット対策ですが、効果が出るのは正しく張られた場合の話です。

ネットを張る際に注意しなくてはならない点がいくつかあるのをご紹介します。

★ネットは全面に張る

★隙間が出来ないように固定する

★ネットの自重に任せず下もしっかり固定する

注:ネットの色は黒い物を使用した方が、外から見た場合目立ちません。

 

ネット張りはその場だけの対策ではなく、長い間状態を保てなくてはいけません。

帰巣本能が強くはたらくハトには中途半端な対策では意味がありません!

ハトの侵入や留まることが出来ないよう、しっかり対策しましょう。

 

飛来防止バードスパイク

剣山(バードスパイク)

ハトの被害は段階で判断が大事!

 

レベル1・・・移動中の休憩場所としている

       滞在時間=短い

レベル2・・・休憩場所として安全だと認識し、

       エサや仲間を待つ待機場所している

       滞在時間=少し増える

レベル3・・・住処として認識(雨風をしのげる場所)

       騒音被害・フン被害が拡大

       滞在時間=長時間

レベル4・・・巣造りをはじめ、繁殖活動を開始する

       放っておくと、年に3~4回繁殖

       対策は大変になる

 

バードスパイク(剣山)を使用し、ハトを寄せ付けないよにするのはレベル1の段階で行いましょう。

スパイクは名の通りトゲトゲの針が付いたもので、設置することによりハトがとまりにくくなります。

 

スパイクの選び方

 

☆針山が高いもの・・・低い針山だと平気で巣をつくる

 

☆金属製の物を使う・・錆びや腐食に強い

           樹脂製のものでは苦痛を感じない

 

☆斜めに付いてるもの・・まっすぐの物だと上手くとまれてしまう

 

バードスパイクを使用する利点

 

●鳥などを傷付けることなく、強い忌避効果を発揮する

 

●長さ調節が可能なため、狭い範囲から広い範囲まで場所に合わせた設置が可能

 

●鳥以外の生き物にも効果がある

ACCESS

害虫駆除・害獣駆除・害鳥駆除の事でしたら実績多数のQujolia クジョリアです

害虫駆除・害獣駆除業者をお探しでしたら、ぜひ当社へお問い合わせください。 豊富な実績を持つQujolia クジョリアが年中無休でお客様のお問い合わせに対応、現地にお伺いし、お見積もりも無料で行っていますので、害虫駆除・害獣駆除にご利用ください。
Qujolia クジョリア写真
店舗名 Qujolia クジョリア
代表者名 若林 義隆
住所 千葉県船橋市小室町3307-305
電話番号 047-402-4288
営業時間 9:00~21:00
定休日 年中無休
最寄駅 小室駅
お気軽にお電話ください
047-402-4288 047-402-4288
9:00~21:00
千葉県船橋市小室町3307-305

ハトの対策・・3つの方法

1バードスパイク・・・耐食性に優れたステンレス製を使用。 窓枠・看板・ベランダ・てすり・軒・雨樋など

 

2防除ネット・・・ハトの侵入を防ぎ、最も目立ちにくい黒色のものを使用し、景観を損ねない。

 

3ビニール亀甲金網・・・六角形に編んだ金網。ソーラーパネルと屋根の間の隙間を塞ぎます。

ぜひ、お気軽にお問い合わせください。